エアドゥでアメリカ旅行がしたい

05phac05Air do(エアドゥ)は、北海道を拠点にする航空会社です。運賃が比較的安い会社で、格安航空会社として親しまれています。
札幌(新千歳空港)を重要拠点としていますが、函館、旭川、釧路など、北海道主要空港にも乗り入れています。特に札幌からフライトする飛行機の量は多く、東京(羽田空港)へは1時間に1本程度の頻度で搭乗しています。

また、名古屋(中部国際空港セントレア)、関西(神戸空港)などの大都市圏空港へも、多くフライトしています。ちなみに、大阪へはフライトしていませんが、神戸空港から大阪までは近いため、大阪へ行くときにも重宝されているようです。
早割制度はもちろんのこと、道民割引(北海道に住んでいる方などが割引になる制度)などユニークな制度も繰り広げられています。

そんなエアドゥ。現在は北海道を中心として、国内線のみを取り扱っています。まさに、地域密着型と言ったイメージで飛行機ビジネスを繰り広げているのですが、国際線待望論も出てきているようです。例えば、ロシアであれば、本州からフライトするよりも、北海道からフライトした方が早く着くことができます。

確かに、北海道からも国際線は利用できます。しかし、格安航空会社を利用して海外へ行くとなると本数が少なく、東京などに出てこないといけないのです。そのため、北海道民からは、「格安航空会社であるエアドゥに国際線を展開させてほしい」という期待の声が多いようです。特に、ヨーロッパ便やアメリカ便の待望ぶりは顕著です。海外旅行の定番目的地ですもんね。

そんなエアドゥへ向けた、国際線を増やして欲しいという声。そこまで具体的な要望があるわけではありません。また、エアドゥ自身も、国際線を展開する予定があるなどと言った発表を行っているわけではありません。『エアドゥ国際線待望論』は、「こうなったらいいな」というくらいの、妄想でしかないのです。

しかし、北海道民としては、「エアドゥでアメリカまで行けたらいいなぁ」「エアドゥが国際線を作ったらどれくらいの価格になるんだろう」といった高揚感に浸ることができます。北海道発の国際線を格安料金で提供する便はまだ少なく、東京などへ行かないと難しいのが現状です。東京まで出るのも、面倒なものです。エアドゥにこだわらなくても、もっと北海道発の格安航空が一般的になってほしいものです。

チケット会社:エアドゥの格安航空券が最安値のスカイチケット

エアドゥで海外へは実際にフライトできる?

まず、需要がなければ、サービスは実現しないでしょう。北海道から格安航空会社に乗って、アメリカまで行きたい人が多くなければ、『エアドゥアメリカ便待望論』は実現しません。

仮に、エアドゥがアメリカ便を北海道発でフライトさせる場合、札幌(新千歳空港)からのフライトとなることでしょう。北海道民は約500万人です。また東北北部(青森県など)から国際線に乗ろうとする場合、東京へ行くよりも、札幌へ行くほうが早く着くことができます。東京まで出ないと格安航空でアメリカまでいけない現状が、札幌まで行けば格安航空でアメリカまで行けるのです。充分に新千歳空港を利用する人はいるのではないでしょうか。1日1便でもいいので、フライトしてもらいたいものですね。また、アメリカのみならず、いろいろな国へフライトしていたらと考えると、わくわくしてきます。

仮に、エアドゥでアメリカまで行った場合の目的地を、ニューヨークとしましょう。札幌からニューヨークまでの直線距離は、約10,000kmとなっています。また、東京都からニューヨークまでの直線距離も、約10,000kmとなっています。
つまり、『札幌→ニューヨーク』『東京→ニューヨーク』ともに、距離がほとんど変わらないのです。

もちろん価格決定のための要素は、移動距離や消費燃料だけではないでしょう。しかし、直線距離が同じであることを考えると、『札幌→ニューヨーク』『東京→ニューヨーク』ともに、同じような価格で提供することができるのではないでしょうか。ちなみに、『東京→ニューヨーク』を格安航空会社利用で行くと、直行便で数十万円程度、1回の乗継を要せば5万円程度で行けてしまいます。
つまり、北海道から格安航空会社でニューヨークまで行けた場合も、直行便で数十万円程度、1回乗継で5万円程度で行けるかもしれないということになります。

『アメリカ便待望論』から話は逸れますが、エアドゥがロシア便を頻発させたら面白いと、私は考えています。
『東京→ロシア』よりも『札幌→ロシア』の方が、確実に近いでしょう。つまり、『札幌→ロシア』の格安航空会社を利用する場合、『東京→ロシア』の格安航空会社よりも、料金時間

ともに効率的に結ぶことができるのです。北海道という地域が、ロシアとより近付けることにより、何かが変わりそうで面白いなと考えています。
北海道の人口から考えると、今後どんどん格安航空会社が普及してくるという可能性もあるでしょう。

エアドゥに対する実際の声

エアドゥのアメリカ便待望論。具体的な計画があるわけでもなく、完璧に空想ではあるのですが、実際に待望の声を聞いてみました。

Aさんの場合

そうですね。私は旅行が好きで、よく海外に行きます。最初は韓国など比較的近い国に行っていたのですが、最近はアメリカに行きたいと思っています。
交通費はできるだけ抑えたいので、格安航空会社を利用して行くことになると思うのですが、北海道から格安航空会社を使ってアメリカに行こうとしたら、乗換えを2回しないといけないんですよね。東京まで1回出るのがとても面倒に感じています。わがままだとは思うのですが、格安かつ早い時間でアメリカまで行きたいのです。格安で国内を結んでいることで定評のあるエアドゥには、ぜひアメリカ便を飛ばしてもらいたいですね。

Bさんの場合

 アメリカのみならず、いろいろな方面に飛ばせばいいと思います。例えば、東京から行くよりも、北海道から行ったほうが、早く行ける国もあるでしょう。そのような国へは、北海道からの格安飛行機も増やして、もっと気軽に行けるようになってほしいです。
 私は数年に1度しか海外旅行には行かないのですが、やっぱり極力費用は抑えたいと考えています。旅先でいろいろな経験をしたいものですし、ショッピングなども楽しみたいのです。それに、海外旅行は何かと不安ですから、必要以上に現金を持っていきます。航空券など事前に買っておけるものは、少しでも節約したいですね。
エアドゥが実現させるかはわかりませんが、近い将来、北海道からもっと安く海外へ行ける日が来るといいなと思います。

Cさんの場合

私は反対です。新千歳空港は、札幌市街地からも近い場所にありますよね。また、千歳市街地に位置しています。これ以上、飛行機が増えると、何かと騒音問題などが起きそうです。せっかくの北海道の雰囲気が壊れてしまうかもしれないので、できればこれ以上飛行機を増やしてほしくありません。
それに、治安が悪くなりそうで怖いです。アメリカまで飛ばすということは、アメリカからの観光客が増える可能性もあります。イメージではあるのですが、治安が悪くなってしまうような気がするのです。

エアドゥのアメリカ便待望論。アメリカまで格安で行くことができるため、「ぜひ飛ばしてほしい」という声が多く聞かれます。一方で、環境や治安などのことを考えると、反対派の意見があることもうなずけます。

いつかはエアドゥで!? ニューヨークお勧め観光スポット

セントラルパークは、ニューヨークで最も人気のある場所とも言われています。ビル群のなかにある公園で、素晴らしい広さを誇っています。都会の真ん中とは思えないほど、自然などがキレイに整備されており、まさに『オアシス』といった感じです。数時間をかけて、じっくりと巡ってみたいものです。園内には、飲食店やレストランなどもあり、食事やグルメを楽しむこともできます。また、セントラルパーク周辺にも、ミュージアムなど、見所満載な名所がたくさん点在しています。ニューヨークを観光して、足が疲れてきた頃に立ち寄ってみると、良い癒しになるかもしれませんよ。もちろん、地下鉄の駅からも歩いていくことができるため、アクセス抜群です。

メトロポリタン美術館は、ニューヨーク内に数ある美術館のなかでも、最も指示を集めている美術館です。このメトロポリタン美術館は、とにかく大きいです。さまざまな展示物があり、まるで迷子になってしまうかのような広さを誇ります。おそらく、全てを見て
周ろうとすると、数日はかかってしまうでしょう。

もちろん、世界各国から観光客が集まり、日本人観光客も多く訪れます。日本語ガイドツアーも実施されているため、参加をすると要領よく展示物を見ることができるでしょう。
外観、内観ともにオシャレで、ニューヨークらしい雰囲気を兼ね備えています。そこまで、美術品に興味がない方でも、充分に楽しむことができる場所となっていますよ。

トップ・オブ・ザ・ロック展望台は、キレイな景色を堪能することができる展望台です。超高層ビルの上から景色を見ることができるため、ニューヨークのビル群をとても美しく見ることができます。ニューヨークのビル群は大迫力で、さすが世界一の大都会と思えることでしょう。もちろん、写真撮影スポットとしても大人気です。
また、夜景のほうも最高です。「夜景こそぜひ見てもらいたい景色」と言っても過言ではありません。とにかく、ニューヨークまで訪れたら、絶対にニューヨークの都市風景を見てほしいのです。そんなニューヨークの都市風景を、贅沢なほどに見下ろせる場所が、トップ・オブ・ザ・ロック展望台です。ぜひ、時間を作って、立ち寄ってみてください。

いつかはエアドゥで!? サンフランシスコの旅

サンフランシスコは、アメリカの西部に位置しています。東部に比べて、日本からの距離も近いため、仮にエアドゥがアメリカ便を飛ばしたら、特に安く行けるのではないかと期待されている地域です。

そんなサンフランシスコ。最も人気を集めているスポットが、アルカトラズ島です。アメリカと聞くと、大都会をイメージする方も、多いのではないでしょうか。しかし、アメリカには大自然も広がっています。とても広い大陸国ですからね。アメリカ独自の大自然を堪能することができます。
ちなみに、アルカトラズ島は監獄島とも言われています。その名の通り、以前には監獄のあった島で、現在もその建物が残っています。映画の舞台にもなった場所です。上陸もできるので、当時の面影を感じることができます。

次にお勧めしたい場所が、ゴールデンゲート・ブリッジです。とても迫力のある橋で、サンフランシスコの象徴的風景として親しまれています。東京でいうと、レインボーブリッジのような位置づけです。もちろん、夜になるとライトアップされてとてもキレイなものですし、たくさんの車が走っていて、テールランプが美しいです。
せっかくですから、ドライブをしてみてはいかがでしょうか。ドライブこそが、ゴールデンゲート・ブリッジを最も堪能できる楽しみ方なのではないでしょうか。ちなみに、最近ではレンタサイクルも行っているようです。自転車で、ゴールデンゲート・ブリッジを渡るのも、粋な楽しみ方ですね。
橋の名の通り、橋を渡るとゴールデンゲートと言う地域が広がっており、とてものどかでゆったりとした時間が流れています。

最後にお勧めしたい場所が、AT&Tパークです。大リーグのスタジアムですね。アメリカと言えば、野球なのではないでしょうか。ぜひ、アメリカまで旅行にきたら、野球観戦も楽しんでもらいたいものです。ちなみに、AT&Tパークは、野球ファンの中でも、かなり評価の高い野球場ですよ。
景観がすごいのです。外野の向こう側には海が迫っていますからね。ホームランボールが海まで飛んでいくという場面も、たまに見ることができます。なかなか珍しいスタジアムです。できれば内野席で見ることをお勧めします。それもなるべく階が上の席で観戦すると、野球場と海とがキレイに見渡せて、AT&Tパークを堪能することができますよ。